妊活、妊娠、出産。1児のママの妊娠メモ帳。

生理と着床出血の違いは? 基礎体温で見分ける方法

2017/02/06

妊娠超初期症状のひとつに「着床出血」があります。着床出血は生理とよく似た出血なので、「生理が早くきただけかな?」と思ってしまう妊婦さんもいます。

着床出血はなんなのか。生理と着床出血の違いや、基礎体温でわかる見分け方をご紹介します。

生理と着床出血の違い

生理と着床出血の違い
生理と着床出血はどちらも出血をともないますが、出血がおこる理由は全く別のものです。

生理ってなに?

子宮の内側は子宮内膜というものにおおわれていて、月経周期に応じて1cmほどの厚さにまでなります。赤ちゃんを迎えるために、フカフカのお布団のような過ごしやすい環境を作りだしているのです。

ですが着床、妊娠しなかった子宮内膜はがれ落ち、卵子や血液とともに体外へ排出されます。これが月経(生理)と呼ばれるものです。

着床出血ってどうしておこるの?

着床出血とは、受精卵が子宮内膜に着床したときにおこる少量の出血のことをいいます。

受精卵は子宮内膜に根をはるように着床するので、そのときに少量の出血を伴う場合があります。医学的には「月経様出血」と呼ばれ、生理とよく似た出血があるのが特徴です。

着床出血は妊娠すれば必ずあるというものではなく、着床出血があった妊婦さんは50人に1人くらいで全体の2%程度だといわれています。

着床出血は生理予定日前にあるの?

着床出血は排卵日に受精した卵子が1週間ほどかけて子宮に到達し、子宮内膜に根を張ることで着床出血がおこるので、排卵日の1週間後くらいからみられます。

生理予定日の1週間ほど前から、生理予定日にかけて着床出血をすることが多いようです。

着床出血と生理の見分け方は?

生理と着床出血の見分け方
着床出血は生理予定日の1週間前から生理予定日にかけておこるので、一見「生理かな?」と思ってしまいます。多くの妊婦さんは妊娠発覚後に「あれは着床出血だったのか!」と気づくそうです。

では、着床出血と生理をどう見分ければいいのでしょうか。

着床出血は出血量が生理に比べて少ない

着床出血の出血量は生理と比べると少なく、おりものに少量の血が混じる程度です。おりものシートでたりるくらいの出血で、中には着床出血があっても気づかない妊婦さんもいます。

ですが、出血量には個人差があり「生理4〜5日目くらいの量」「生理くらいの量」「生理よりも多い量」とさまざまです。

「出血量が多い」「ダラダラ続く」など気になることがあれば、不正出血の可能性もあるので婦人科や産婦人科で診てもらいましょう。

着床出血の色

着床出血の色は茶色、茶褐色、薄いピンク色、鮮血と人それぞれです。子宮内膜からの少量の出血なので、血液が酸化して茶色や茶褐色になっていたという妊婦さんが多いようです。

着床出血の期間

着床出血は生理と比べると短く、2〜3日で終わることが多いです。

1回だけ少量の出血があったという妊婦さんもいれば、生理と同じくらいの出血があったという妊婦さんもいます。着床出血の量や色と同じように着床出血の期間にも個人差があります。

基礎体温で生理と着床出血を見分けよう!


着床出血の量や色、期間は人それぞれで、生理と見分けるのが難しい場合があります。そんなときに生理と着床出血を見分ける方法としてわかりやすいものが「基礎体温」です。

排卵日以降、女性ホルモンの「プロゲステロン」の分泌量が増え基礎体温は高温期になり、生理になると分泌量が減って低温期へと以降します。

ですが、妊娠すると女性ホルモンの「プロゲステロン」の分泌量はそのままなので、高温期が続きます。生理のような出血があるのに高温期を維持している場合は、着床出血である可能性が高くなります。

高温期が18日以上続くと妊娠の可能性が高くなります。自分自身の高温期の平均がわかるのであれば、それより2日以上長ければ妊娠の可能性が高いといえます。

生理と着床出血の違い・見分け方まとめ

着床出血は生理予定日の1週間前から生理予定日にかけてあることが多く、生理に比べて量が少なく期間も短いのが特徴です。「生理が早くきたのかな?」と思って、妊娠に気づかない妊婦さんもいます。

妊娠検査薬は、生理予定日の1週間後でないと正しい判定ができないものがほとんどです。

生理と着床出血を見分けるのに基礎体温をつけていれば、出血をしていても高温期が続くので着床出血に気づくことができます。自分の体のことを知るために、妊活中は普段から基礎体温をつける習慣を持つといいですね。

★最後までお読みいただき、ありがとうございます。シェアしていただけると、育児頑張れます!

« »