妊活、妊娠、出産。1児のママの妊娠メモ帳。

これって妊娠線!? お腹にできる黒い線の正体 「正中線」

2017/04/14

妊娠中にできる、おへその上から下にのびる黒い線。

「もしかして妊娠線!? 妊娠線予防クリーム塗ってたのに……」と、ショックを受けているママもいるのではないでしょうか。私もそのひとりでした。

気になって調べていると、この茶色の線は妊娠線ではなく「正中線」といわれるものだということがわかりました。では、正中線とはなんなのでしょうか。

今回は、妊娠中・産後のママの悩みである正中線はどうしてできるのか、正中線を消す方法をご紹介します。

妊娠線のような黒い線「正中線」ってなに?

妊娠線 正中線
正中線というのは、妊娠中におへその上下にできる黒い線です。妊娠線だと思っているママも多いと思いますが、妊娠線とはできる原因が異なります。

妊娠線とは

妊娠線はお腹が大きくなることで皮膚がついていけず、皮膚の下にある真皮という組織が裂けてできる断裂跡のことをいいます。

妊娠線ができると、かゆみや痛みがでることがあります。色は白っぽいもの、赤みを帯びたものがみられます。

真皮が裂けているので触るとボコボコとしていて、出産後も完全に消えないことが多いので妊娠中からのケアが大切です。

正中線とは

赤ちゃんは受精後、細胞分裂を繰り返して成長していきますが、その細胞分裂の名残が正中線だといわれています。正中線は女性だけでなく男性にもある線なのです。

普段は色素が薄く目立ちませんが、妊娠するとホルモンバランスの影響でメラニン色素が蓄積されやすくなるため、正中線が目立つようになってきます。

おへその上下にうす茶色の黒ずんだ線ができますが、妊娠線のようにボコボコしているわけでもなくかゆみや痛みもありません。

正中線は色素沈着が原因ですので、時間が経つと薄くなり産後半年〜1年で消えるママが多いようです。私も1年ほどで消えていきました。

ですが、生活習慣の乱れで肌のターンオーバーがうまくいかず、1年以上経っても「正中線が消えない!」というママもいます。

お腹の黒ずみ「正中線」を消す方法

妊娠中にできる正中線は色素沈着でできた黒ずみなので、シミやそばかすと同様に毎日のケアが大切です。

正中線用のクリームが販売されていますので、毎日塗って保湿を心がけましょう。

雑誌で紹介されて人気の「メイドバイマムクリーム」のサンプルをもらったのでご紹介します。

正中線メイドバイマムクリームの容器
メイドバイマムクリームの容器は、リキッドのファンデーションくらいのサイズなので、ポーチに入れて持ち運ぶこともできます。

正中線メイドバイマムクリーム
1日2回。朝晩にお腹の黒ずみがきになる部分に塗ります。

正中線メイドバイマムクリーム

妊娠中はお腹の正中線だけではなく、バストトップ、脇下、ひざ、ひじ、足の付け根などいろいろな部分の黒ずみが気になりますよね。メイドバイマムクリームは、正中線以外の黒ずみにも使うことができます。

指の黒ずみ
私は足の親指が黒ずんできて、サンダルを履いているときに気になってしまうので、足の親指にも塗っています。

肌のターンオーバーには約3ヶ月かかるので、毎日継続してケアをしてあげましょう。効果が感じられない場合は、1回の使用量を増やすか2度塗りしてみてくださいね。

メイドバイマムクリームの詳細・購入はこちら

★最後までお読みいただき、ありがとうございます。シェアしていただけると、育児頑張れます!

« »