妊活、妊娠、出産。1児のママの妊娠メモ帳。

卵子と排卵のしくみ〜排卵日はいつ?おりものの変化や症状

2017/05/22

卵子は老化するって知っていましたか? 私は知りませんでした……。

もし、卵子が35歳をこえると急速に老化すると知っていたなら、もう少し早く2人目の妊活をはじめていたと思います。排卵や卵子のことについて無知だったことに後悔しました。

妊活をはじめたなら知っておいてもらいたい「卵子と排卵のしくみ」をについてまとめました。少しでも卵子と排卵について理解して、私みたいに後悔のない妊活をしてもらえたらうれしいです。

卵子の数と老化

まだママのお腹の中にいる胎児のころに、数百万個の卵子のもととなる細胞(原子卵胞)がつくられます。生まれる前から女性は妊娠するための準備がされているって、なんだか不思議ですよね。

生まれたときには原始卵胞の数は約200万個になり、年齢を重ねるごとに原始卵胞の数は減少していきます。

思春期頃になると約20~30万個まで減少し、30代半ばで1万〜3万個まで減ってしまうのです。この自然淘汰はその後も続き、原始卵胞がなくなる50歳頃に閉経へと向かいます。

女性が一生のうちに排卵する卵子の数は、約400個といわれています。
卵子の質と老化

私たちが年齢を重ねるごとに老いていくのと同じで、卵子も年齢とともに老化ていきます。老化を遅らせることはできても、若返らせることはできません。

卵子の老化は、35歳をすぎたあたりから加速するといわれています。「35歳をすぎると妊娠しづらくなる」といわれますが、卵子の老化が原因のひとつなんですね。

卵子は質のいいものから排卵されていきます。年齢が若いほど妊娠しやすく、高齢になると質のよくない卵子が残るので妊娠しづらくなってしまうのです。

排卵とは

生理が始まると、卵胞を刺激するホルモン(卵胞刺激ホルモン)が分泌されて、約100の原始卵胞が成長を始めます。

すくすくと成長し、大きく育った主席卵胞と呼ばれるたった1個が、黄体形成ホルモン(LH)が分泌されだすと、卵胞を突き破って卵巣の外に飛びだします。これが排卵です。

卵子が卵胞を突き破って飛びだすときに、チクチクと下腹部が痛む排卵痛がおこることがあります。生理と同じで、排卵痛の痛みや症状には個人差があります。

私は基礎体温を測るのと同時に排卵日予測検査薬を使い始めて、排卵痛を感じるようになりました。私の場合は気にしていないと見逃してしまうほどの、軽いチクチクとした違和感を感じます。

排卵日はいつ?

排卵日は生理開始日の約14日前だといわれていますが、これにも個人差があります。私の場合は15〜16日前が排卵日です。

排卵日を知るには「基礎体温をつけるといい」とよく聞きます。ネットでは「低温期の中でもガクッと体温が下がる日が排卵日」なんて記事を目にしますが、私の場合は違いました。

排卵日はいつ
この表を見てもらうとわかるとおり、排卵日予測検査薬の陽性反応はガクッと基礎体温が下がった2日後に出ています。排卵日予測検査薬を使う前は、ガクッと基礎体温が下がった日が排卵日だと思っていて、この日にタイミングをとっていました。でも、実は違っていたんですね。

正確な排卵日を知るには病院で検査をするのが一番正確ですが、自分で確認する場合は基礎体温と排卵日予測検査薬を併用することをおすすめします。

排卵日に起きる主な症状

排卵日は生理とよく似た症状が出ることがあります。

主な症状としては、

  • 腰痛
  • 腹痛
  • 吐き気
  • 頭痛
  • 眠気

があげられます。私自身、排卵日前後には頭痛薬を飲まないと耐えられないほどの痛みがあります。

以前は頭痛があるとお風呂に入って温まり、マッサージをしていました。ですがひどいときは、お風呂上がりに吐いてしまうことがありました。
そこで、「ヘルスケア大学」に書いてあった頭痛がする部分を冷やしてみると、症状がやわらぎました。肩こりからくる頭痛は温めるのがいいそうですが、月経関連片頭痛には逆効果なんだそうです。

おりものの変化

おりものの変化
生理が終わってすぐのおりものは、サラッとしていてねばり気はありません。それが少しずつ白~クリーム色のおりものになり、量が少しづつ増えてきます。

排卵日が近づくと量が増えて、ねばり気のある透明のおりものが出てくるようになってきます。指で10cmくらいのばしても切れなくなれば、排卵日が近いサインです。

排卵が終わると、おりもののねばり気もなくなり量が減ってきますが、生理前になるとまた少し量が増えてきます。

卵子の寿命

排卵された卵子が卵管で生きていられるのは24時間だといわれています。その短い生存期間の中で受精ができるのは、わずか8〜10時間程度なんだそうです。

精子が3〜5日生きているのに対して、卵子の寿命はとっても短いんです。それを踏まえて、妊娠するためには排卵日の1日前〜2日前に、1回目のタイミングをとるといいといわれています。

排卵のしくみまとめ

妊活サプリマカナ
卵子のもととなる細胞は生まれたときから体の中にあり、年齢を重ねるごとに量が減って老化していきます。卵子を若返らせることはできませんが、老化を遅らせることはできます。

私自身36歳になってから、卵子の老化を少しでも防ぐために「妊活サプリ」を飲みはじめました。

卵子の寿命は24時間と、とても短いので基礎体温や排卵日予測検査薬を使って予測し、タイミングをとる必要があります。

「基礎体温で排卵日がわかる」といっているWebサイトもありますが、経験上基礎体温だけでは正確な排卵日を知ることはできません。病院で排卵日を検査するのが確実ですが、自宅で排卵日を予測する場合は排卵日予測検査薬をあわせて使うことをおすすめします。
makana

★最後までお読みいただき、ありがとうございます。シェアしていただけると、育児頑張れます!

« »